メイン コンテンツへスキップ

本ウェブサイトは、お客様に最高のブラウジング体験をしていただくためにさまざまなクッキー(Cookies)を使用しています。本ウェブサイトを引き続き利用されることにより、クッキー(Cookies)の利用に同意したものとみなされます。
クッキー(Cookies)ポリシーの詳細については、こちらまたはサイト下部にあるリンクをご確認ください。最新のプライバシーポリシーはこちらをご覧ください。

0

通知

下記の通知は、経済指標およびウェビナーカレンダーページで調整できるフィルタに基づいています。

ライブウェビナー

ライブウェビナーイベント

0

経済指標カレンダー

経済指標カレンダー・イベント

0
無料トレードガイド
購読する
Please try again
EUR/USD
混合
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
混合
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
詳細 もっと見る
S&P 500、NYダウの見通し:下落リスクに警戒、トレーダーの押し目買い続く

S&P 500、NYダウの見通し:下落リスクに警戒、トレーダーの押し目買い続く

Daniel Dubrovsky, シニアストラテジスト

S&P 500、NYダウ、個人レーダーのポジショニング、テクニカル分析 – IGCSによる米国株アップデート

  • 個人トレーダーは、米国株の押し目買いを継続
  • 逆張り投資の観点からすると、これは間違った方向性かもしれない
  • S&P 500とNYダウは下落し続けるのか?
株式相場見通し
株式相場見通し
推薦者: Daniel Dubrovsky
株式見通しを無料で入手
ガイドを入手

27日のニューヨーク株式市場でS&P 500種株価指数は6営業日続落となり、2020年2月以来、最長の続落となった。前回は、新型コロナ感染症拡大に端を発したロックダウン(都市封鎖)が始まる中、世界の市場で売りが加速していた時だった。ダウ工業株30種平均も6営業日続落し、続落の長さとしては5月以来となる。

このような株価下落にもかかわらず、IGクライアントセンチメント(IGCS)は、個人トレーダーが押し目で買う傾向が強まっていることを示している。IGCSは、特にトレンド相場では逆張り指標として機能する傾向があるが、今後、米国株を押し目で買う余地は残されているのだろうか?

S&P 500のセンチメント見通し - 弱気

IGCS指標によると、個人トレーダーの約61.67%がS&P 500種指数をネットロング(買い持ち)している。大半のトレーダーが買い持ちとなっていることから、指数は下落し続ける可能性がある。ロングポジションは、昨日に比べ2.04%、先週に比べ19.12%、それぞれ増加している。そのことを念頭に置きつつ、現在と最近のセンチメントの変化を考慮すると、弱気の逆張り取引バイアスがより強まっていると考えられる。

S&P 500 日足チャート

日足チャートで見ると、S&P 500先物は、3,639- 3,671のサポートゾーンを割り込んではおらず、ヒゲの長い同時線のローソク足パターンを残している。これは、売りと買いの圧力が拮抗し、相場に迷いが生じていることを示している。上昇に転じる可能性はある。しかし、その場合、20日単純移動平均線(SMA)が50日SMAを下回る弱気のデッドクロスがすでに示現しているため、株価の先行きに弱気なバイアスが上値を抑える可能性は否めない。20日SMAがレジスタンスとなり、下降トレンドが維持されるかもしれない。さらなる下落局面では、3,541-3,587の変曲点付近が注目される。この変曲点は2020年9月を起点としている。

IGクライアントセンチメントを使用してトレードする方法
IGクライアントセンチメントを使用してトレードする方法
推薦者: Daniel Dubrovsky
IGクライアントセンチメントを活用してトレードを改善
ガイドを入手

資料:Trading View

NYダウのセンチメント見通し - 弱気

IGCS指標によると、個人トレーダーの約71%がダウ工業株30種平均をネットロング(買い持ち)している。大半のトレーダーが買い持ちとなっていることから、指数は下落し続ける可能性がある。ロングポジションは、昨日に比べ1.19%、先週に比べ12.02%、それぞれ増加している。そのことを念頭に置きつつ、現在と最近のセンチメントの変化を考慮すると、弱気の逆張り取引バイアスがより強まっていると考えられる。

NYダウ 日足チャート

日足チャートでは、ダウ平均先物が重要なサポートゾーンである29,552 – 29,869を下抜けしたことが確認されている。このため、下降トレンドは継続する可能性がある。20日SMAが50日SMAを下回っている、弱気のデッドクロス状態が続いているため、指数が上昇に転じた場合は、これらのSMAがレジスタンスとして機能し、下降トレンドが維持される可能性がある。一方、当面のサポートは、フィボナッチ・エクステンション123.6%の水準28,746となりそうだ。

注目のトレード機会:2022年第4四半期
注目のトレード機会:2022年第4四半期
推薦者: Daniel Dubrovsky
絶好のトレード機会の予測を無料で入手
ガイドを入手

資料:Trading View

* IGクライアントセンチメントチャートとポジショニングデータは2022年9月27日付レポートより引用

--- DailyFX.com ストラテジスト ダニエル・ドゥブロスキー著

ドゥブロスキー氏に連絡するには、Twitter で @ddubrovskyFX までお願いいたします。

DailyFX はグローバルなFXマーケットに影響を与えるトレンドのテクニカル分析とニュースを提供します。