メイン コンテンツへスキップ

本ウェブサイトは、お客様に最高のブラウジング体験をしていただくためにさまざまなクッキー(Cookies)を使用しています。本ウェブサイトを引き続き利用されることにより、クッキー(Cookies)の利用に同意したものとみなされます。
クッキー(Cookies)ポリシーの詳細については、こちらまたはサイト下部にあるリンクをご確認ください。最新のプライバシーポリシーはこちらをご覧ください。

0

通知

下記の通知は、経済指標およびウェビナーカレンダーページで調整できるフィルタに基づいています。

ライブウェビナー

ライブウェビナーイベント

0

経済指標カレンダー

経済指標カレンダー・イベント

0
無料トレードガイド
購読する
Please try again
混合
最終更新: Dec 6, 2022
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
詳細 もっと見る
ポンド円の展望とチャートポイント

ポンド円の展望とチャートポイント

Junichi Ishikawa, IG証券マーケットアナリスト

ポンド円の展望とチャートポイント

【サマリー】

  • ドル円の動きに連動しポンド円の振れ幅も拡大傾向にある
  • 今週のポンド円のトレンドは、米金利の動きに左右される可能性がある
  • 目先、注目しておきたい上下のチャートポイントは?
英ポンド相場見通し
英ポンド相場見通し
推薦者: Junichi Ishikawa
英ポンドの予想を無料で入手!
ガイドを入手

・上下に大きく振れる展開が続く

日米金融政策スタンスの差と円買い介入(への警戒感)がせめぎ合い、ドル円(USDJPY)の変動幅が拡大している。

それにつれてポンド円(GBPJPY)の変動幅も拡大している。

直近の動きを日足チャートで確認すると、もはや168.00レベルが意識される状況になく、先週以降165.00-170.00のレンジで上下に振れる状況が続いている。

ポンド円の予想変動率(1ヶ月/3ヶ月)が再び上昇基調にあることも考えるならば、今週も上下に大きく振れる展開が予想される。

ポンドのチャート

チャート:Bloomberg L.P. / 日足(9月以降)

GBP/JPY 混合
データ提供:
の顧客はネットロングです。 の顧客はネットショートです。
変動 ロング ショート 建玉
日次 7% 26% 20%
週次 -3% -3% -3%
IGクライアントセンチメント:ポンド円
ガイドを入手

・米金利の低下と170.00の攻防

ポンド円(GBPJPY)が、レンジの上限170.00レベルをトライおよびブレイクする要因は何か?

その要因として今注視しておきたいのが、米金利のトレンド転換-上昇トレンドから低下トレンドへの転換である。

米紙ウォール・ストリート・ジャーナルは先週21日、11月の連邦公開市場委員会(FOMC)で連邦準備制度理事会(FRB)は12月会合で利上げペースを減速させること、その場合はどのように市場に伝えるべきかーについての政策議論が焦点になる、と報じた。

報道を受け米債市場では利回りが低下し、週明けの時間外でもその動きが続いている。

米金利のチャート

チャート:Trading View 5分足(21日の欧州タイム以降)

FRBの利上げペース減速の可能性が米債市場で強く意識される場合、米金利は上昇から低下のトレンドへ転じる可能性がある。実際、米債市場でその動きが見られるならば、外為市場では米ドル売り圧力が高まろう。

ポンドドル(GBPUSD)は、「米金利の低下→米ドル安」にサポートされ、反発基調が進行するだろう。

また、「米金利の低下→米ドル安」は株高の要因でもある。

米ドル安(ポンドドルの上昇)と同時に株高で円安の圧力も高まれば、ポンド円は上限の170.00レベルをトライそしてブレイクすることが予想される。

ポンド円が170.00を完全に突破する場合(170.00レベルはフィボナッチ・エクステンション61.8%の水準でもある)、エクステンション76.4%の水準172.59レベルを視野に上昇幅が拡大する展開を想定しておきたい。

ポンド円のチャート

出所:Bloomberg L.P. / 日足(9月以降)

GBP/USD 混合
データ提供:
の顧客はネットロングです。 の顧客はネットショートです。
変動 ロング ショート 建玉
日次 28% -14% 1%
週次 -5% -1% -3%
IGクライアントセンチメント:ポンドドル
ガイドを入手

・ポンド円が下値トライとなる場合の注目ポイントは?

一方、米債市場で利回りの上昇トレンドが継続する場合、ポンドドル(GBPUSD)は下値を模索する展開が予想される。

米金利の上昇はドル円のサポート要因である。しかし、円買い介入またはそれに対する警戒感により、不意打ちのような反落に直面する展開も意識すべき局面にある。

よって、米金利が上昇トレンドを維持する状況が続く場合は、ポンド円の165.00トライおよびブレイクを意識しておきたい。

165.00レベルを挟んで2つのフィボナッチ・リトレースメントの水準が展開している。

さらに今週は、21日線(EMA/165.04レベル)が165.00付近で推移する。テクニカルの面でも165.00は意識されやすい状況にある。

ポンド円が165.00レベルを下方ブレイクする場合、次の焦点は159.57-73ゾーンの維持となろう。このゾーンをトライするシグナルとして、89日線(MA/163.41レベル)の攻防に注目したい。この移動平均線は今年8月に、レジスタンスラインとして意識される局面が見られた。

ポンド円のチャート

チャート:Trading View 日足(8月以降)

DailyFX はグローバルなFXマーケットに影響を与えるトレンドのテクニカル分析とニュースを提供します。