メイン コンテンツへスキップ
無料トレードガイド
購読する
Please try again
Select

ライブウェビナーイベント

0

経済指標カレンダー・イベント

0

通知を受け取る

ライブウェビナーイベント
経済指標カレンダー・イベント

もっと見る もっと見る
原油価格見通し:原油の逆襲

原油価格見通し:原油の逆襲

木全哲也, ストラテジスト

共有する:

このページの内容

WTI原油、原油在庫、リグ、OPECプラス、減産、テクニカル分析―トーキングポイント

  • 原油の需給は引き締まりつつある
  • OPECプラスに対する警戒感は価格上昇要因
  • このような兆候がある中、テクニカル面も踏まえた見通しは?
原油相場見通し【無料】
原油相場見通し【無料】
推薦者: 木全哲也
原油相場見通し【無料】
ガイドを入手

EIAより米国原油在庫に関する統計が発表された。年初来で最も大幅な減少である。週によってばらつきはあるものの、原油在庫の減少トレンドが続いている。原油在庫の減少は、減少した在庫分を補充するために原油を購入することに繋がるため、原油価格の上昇圧力となる。

A graph with red and blue lines  Description automatically generated with medium confidence

資料:Trading Economics

原油価格の低迷を受け、原油採掘による利益が減少していることから、世界の原油を採りだすための装置、採掘リグの稼働数が減少している。リグ稼働数の減少は今後の原油供給が縮小する要因となる。原油価格が減少することは原油価格の上昇圧力となる。

A graph of red and blue lines  Description automatically generated with low confidence

資料:Trading Economics

需給の面では、原油価格上昇の兆候が出ている。また、6月初めのOPECプラス会合を控え、サウジアラビアのエネルギー大臣は追加減産の可能性に言及している。今年の4月に追加減算を実施した際には、70台半ばで推移していた原油価格が80ドルを超えて急上昇した。OPECプラス会合にて追加減産が再度決定された場合、原油価格が4月同様、急騰する可能性があるが、今後の原油価格の見通しは?原油価格の低迷は続くのか?それとも上昇に転じるのか?

原油価格見通し:需給引き締まり、追加減産の可能性に加え、テクニカル面は?

原油のトレード方法
原油のトレード方法
推薦者: 木全哲也
原油のトレード方法
ガイドを入手

4時間足チャートで、中立パターンであるシンメトリカルトライアングル(対称三角形)を上抜け、上昇トレンドの兆候がある。加えて、9,20,50期間指数移動平均線は上向きであり、原油価格の上昇トレンドを示唆している。また、上値を抑えてきた200期間指数移動平均線を上抜け、一段の上昇圧力を示している。需給も引き締まりつつあり、OPECプラス会合による追加減産の可能性もある中、原油価格の上昇を見込む。水平レジスタンスである76.72ドルへの上昇が視野に入る。上昇の勢いが衰えなかった場合、心理的節目である80ドルへ上昇する可能性がある。下落リスクとしては米国債務上限問題や金融不安が上げられる。これらに対する懸念が高まった際にはリスクオフの流れが強まり、リスク資産の一つである原油価格の下落圧力になろう。その際は、米国政府の戦略的石油備蓄の拡充のための購入の可能性が高まり、かつ水平サポートラインである70ドルまで下落する可能性がある。

原油価格4時間足チャート

A picture containing screenshot, line, text, plot  Description automatically generated

資料:Trading View

原油相場に影響を与える主なファンダメンタルズ要因とは?
原油相場に影響を与える主なファンダメンタルズ要因とは?
推薦者: 木全哲也
原油相場に影響を与える主なファンダメンタルズ要因とは?
ガイドを入手

-- DailyFX.com ストラテジスト 木全哲也著

DailyFX はグローバルなFXマーケットに影響を与えるトレンドのテクニカル分析とニュースを提供します。