メイン コンテンツへスキップ

本ウェブサイトは、お客様に最高のブラウジング体験をしていただくためにさまざまなクッキー(Cookies)を使用しています。本ウェブサイトを引き続き利用されることにより、クッキー(Cookies)の利用に同意したものとみなされます。
クッキー(Cookies)ポリシーの詳細については、こちらまたはサイト下部にあるリンクをご確認ください。最新のプライバシーポリシーはこちらをご覧ください。

0

通知

下記の通知は、経済指標およびウェビナーカレンダーページで調整できるフィルタに基づいています。

ライブウェビナー

ライブウェビナーイベント

0

経済指標カレンダー

経済指標カレンダー・イベント

0
無料トレードガイド
購読
Please try again
EUR/USD
弱気
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
GBP/USD
強気
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
USD/JPY
強気
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
詳細 もっと見る
円相場のテクニカル分析:ドル/円は上値抵抗線に到達。反転はあるか?

円相場のテクニカル分析:ドル/円は上値抵抗線に到達。反転はあるか?

Daniel Dubrovsky, ストラテジスト

円、ドル/円、IGクライアントセンチメント - テクニカル分析見通し

  • 円はドルの上昇を抑制しそうな兆しを見せている
  • ドル/円は、4時間足チャートで見ると、まだほぼ間違いなく上昇トレンドにある
  • 個人トレーダーはショートの持ち高を増やし続けており、これは強気のシグナルと思われる
円相場見通し
円相場見通し
推薦者: Daniel Dubrovsky
JPY見通しを無料で入手
ガイドを入手

ドル/円相場 テクニカル分析 - 日足チャート

乱高下となった7月を経て、ドルは円に対して徐々に足場を取り戻してきている。先週のドル/円 は2.58%高と、6月初旬以来、最大の上昇率となった。現在、137.65付近に上値抵抗線が確立しつつあるようだ。これは、必ずしも反転が迫っていることを意味するのではなく、実はトレーダーが注意深く見守りたいポイントである。

今週初めには、陰の包み足(抱き線)のローソク足パターンも示現したが、下落方向の確証には至っていない。当面のサポートは、フィボナッチ・エクステンション38.2%の水準135.37となりそうだ。この水準を割り込むと、さらに下げ幅を拡大する可能性がある。その場合、次のサポートとして100日単純移動平均線(SMA)に焦点が当てられるだろう。

100日SMAは、2021年初頭からの支配的な上昇トレンドを復活させた経緯があり、重要なサポートとして維持される可能性がある。さらに上昇すると、139.39には7月高値があり、ドル/円が上昇トレンドを再開するきっかけとなるかもしれない。その場合、エクステンション78.6%の水準140.63と、同100%の水準143.42が意識されるだろう。

USD/JPYのトレード方法
USD/JPYのトレード方法
推薦者: Daniel Dubrovsky
USD/JPYのトレード方法
ガイドを入手

資料:TradingView

4時間足チャート

4時間足チャートを見ると、レジスタンスがどのように形成されているかがよく理解できる。7月の動きからフィボナッチ・リトレースメントを見ると、78.6%の水準137.46を上抜けできなかったことが分かる。それでも、50日SMAはまだドル/円を下回っている。これは、8月以降の上昇トレンドが継続していることを示している。もし50日SMAが価格を上抜ければ、円はドルに対して短期的に反発する可能性がある。その場合、中間点の134.89、38.2%の水準133.83、23.6%の水準132.52に注視する必要がある。さらにドルが下落した場合は、8月の安値130.40が焦点となろう。

4-Hour Chart

資料:TradingView

ドル/円 センチメント見通し - 強気

IGクライアントセンチメントゲージ(IGCS)によると、ドル/円を取引するトレーダーの約26.13%がネットロング(ドルを買い持ち)している。IGCSは逆張り指標として機能する傾向がある。大半のトレーダーはショートで保有しており、これは、価格が上昇し続けると示唆しているように思われる。ショートのポジションは昨日と先週に比べ、それぞれ7.34%、15.30%増加している。このことと、現在のセンチメント、最近のセンチメントの変化を踏まえると、強気の逆張りバイアスが強まっていることがうかがえる。

*IGクライアントセンチメントチャートおよびポジショニングデータは、8月24日発行のレポートより引用

--- DailyFX.com ストラテジスト ダニエル・ドゥブロスキー著

ドゥブロスキー氏に連絡するには、Twitter で @ddubrovskyFX までお願いいたします。

DailyFX はグローバルなFXマーケットに影響を与えるトレンドのテクニカル分析とニュースを提供します。