メイン コンテンツへスキップ

本ウェブサイトは、お客様に最高のブラウジング体験をしていただくためにさまざまなクッキー(Cookies)を使用しています。本ウェブサイトを引き続き利用されることにより、クッキー(Cookies)の利用に同意したものとみなされます。
クッキー(Cookies)ポリシーの詳細については、こちらまたはサイト下部にあるリンクをご確認ください。最新のプライバシーポリシーはこちらをご覧ください。

0

通知

下記の通知は、経済指標およびウェビナーカレンダーページで調整できるフィルタに基づいています。

ライブウェビナー

ライブウェビナーイベント

0

経済指標カレンダー

経済指標カレンダー・イベント

0
無料トレードガイド
購読する
Please try again
詳細 もっと見る
円が対ドル、ユーロ、スイスフランで再調整。トレンドは復活するか?

円が対ドル、ユーロ、スイスフランで再調整。トレンドは復活するか?

Daniel McCarthy, ストラテジスト

円、ドル/円、ドル、ユーロ/円、ユーロ、スイスフラン/円、スイスフラン - トーキングポイント

  • ドル/円は、今月初めから一目均衡表の雲中に入り、下落する可能性がある
  • ユーロ/円とスイスフラン/円は双方とも、今のところレンジ相場に落ち着いている
  • 円高が続けば、ドル/円は頭打ちか?
USD/JPYのトレード方法
USD/JPYのトレード方法
推薦者: Daniel McCarthy
USD/JPYのトレード方法
ガイドを入手

ドル/円 テクニカル分析

ドル/円は、一目均衡表の雲の中に入り込んでおり、これを割り込めば、ドルに強気な展開に終止符を打つ合図となる可能性がある。これは、弱気トレンドが展開される可能性を示しているのかもしれない。

サポートは、以前の安値137.67と135.81、またはブレイクポイントの135.57になる可能性がある。

これまでのサポート水準はブレイクしているため、今後は143.53と145.11がブレイクポイント、かつレジスタンスとなるかもしれない。さらなる上昇局面では、以前の高値148.85と151.95がレジスタンスになりそうだ。

資料:TradingView

成功しているトレーダーの特長
成功しているトレーダーの特長
推薦者: Daniel McCarthy
成功しているトレーダーの特長
ガイドを入手

ユーロ/円 テクニカル分析

ユーロ/円は、1カ月以上にわたって142.56と148.40のレンジ内で推移しており、ボックス相場の環境が整いつつあるように見受けられる。

価格は、10日、21日、34日の単純移動平均線(SMA)を数回交差しており、短期的な方向性の欠如を示唆している可能性がある。

右肩上がりの55日、100日、260日のSMAは依然として価格の下に位置している。これは、中長期的には強気のモメンタムが維持されている可能性を示している。

より大局的に見ても、上昇トレンドチャネルが維持されている。サポートは、以前の安値142.56、140.90、137.37の可能性がある。

上値では、直近高値の147.72と148.40、その後は2014年12月の高値149.79がレジスタンスとして控えている。

その先は、一連のフィボナッチ・エクステンションの水準である150.73、151.00、152.04がレジスタンスとなる可能性がある。

資料:TradingView

成功しているトレーダーの特長
成功しているトレーダーの特長
推薦者: Daniel McCarthy
成功しているトレーダーの特長
ガイドを入手

スイスフラン/円 テクニカル分析

ユーロ/円と同様に、スイスフラン/円も11週間にわたり、143.52-151.47のレンジ内で推移している。

また、この通貨ペアの価格も、最近何度か10日、21日、55日SMAを交差しており、方向感の欠如を示唆していると思われる。

同様に、価格は右肩上がりの100日および200日SMAを上回る水準を維持しており、基本的に強気の勢いは持続していることを示唆している可能性がある。

100日SMAは現在、144.81に位置する上昇トレンドラインと同じ水準にあり、これがサポートとなる可能性がある。その上の水準には、145.22、145.45、145.85の3つのブレイクポイントがあり、これらもサポートとして機能するかもしれない。

さらなる下落局面では、以前の安値144.59と143.53がサポートとなる可能性がある。

一方、上昇局面では、150.56のブレイクポイントと、150.71、151.47の2つの過去の高値がレジスタンスとなるかもしれない。その先には、現在149.60にある下降トレンドラインがレジスタンスとして意識されそうだ。

image3.png

資料:TradingView

--- DailyFX.com ストラテジスト ダニエル・マッカーシー著

マッカーシー氏に連絡するには、Twitter で @DanMcCathyFX までお願いいたします。

DailyFX はグローバルなFXマーケットに影響を与えるトレンドのテクニカル分析とニュースを提供します。