メイン コンテンツへスキップ

本ウェブサイトは、お客様に最高のブラウジング体験をしていただくためにさまざまなクッキー(Cookies)を使用しています。本ウェブサイトを引き続き利用されることにより、クッキー(Cookies)の利用に同意したものとみなされます。
クッキー(Cookies)ポリシーの詳細については、こちらまたはサイト下部にあるリンクをご確認ください。最新のプライバシーポリシーはこちらをご覧ください。

0

通知

下記の通知は、経済指標およびウェビナーカレンダーページで調整できるフィルタに基づいています。

ライブウェビナー

ライブウェビナーイベント

0

経済指標カレンダー

経済指標カレンダー・イベント

0
無料トレードガイド
購読する
Please try again
EUR/USD
混合
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
混合
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
詳細 もっと見る
円相場見通し:米ドル/円、豪ドル/円は引き続きショートポジションが増加。円のさらなる下落を示唆か?

円相場見通し:米ドル/円、豪ドル/円は引き続きショートポジションが増加。円のさらなる下落を示唆か?

Daniel Dubrovsky, シニアストラテジスト

円、米ドル/円、豪ドル/円、テクニカル分析、個人トレーダーのポジション状況 – 週間センチメントレポート

  • 個人トレーダーは円買いを続けている
  • 米ドル/円および豪ドル/円は上昇しているにもかかわらず、である
  • このことは、円がさらに下落する可能性を示唆しているのだろうか?
円相場見通し
円相場見通し
推薦者: Daniel Dubrovsky
JPY見通しを無料で入手
ガイドを入手

円相場は、最後は1990年代に見られた水準まで下落するほどの売りの猛攻撃を、ほとんど休みなく受けている。円の下落を食い止めようとする政府・日銀の介入があったにもかかわらず、である。ファンダメンタルズ的に言えば、世界中の中央銀行がタカ派姿勢を示しているのとは対照的に、日銀はハト派的な政策を堅持していることが大きな要因である。

このような円安にもかかわらず、個人トレーダーは何度も何度も円を買い続けている。これはIGクライアントセンチメント(IGCS)を見ればわかる。IGCSは逆張り指標として機能する傾向がある。そのことを考慮すると、個人トレーダーが円のポジションを増やし続ければ、それは円のさらなる下落を意味するのではないだろうか。

米ドル/円:センチメント見通し - 混合

IGクライアントセンチメント(IGCS)によると、ネットロング(ドルを買い持ち)にしている米ドル/円トレーダーは約 19%に過ぎない。これは、ロングのトレーダー1人に対して、4人以上がショートにしていることを意味する。ほとんどのトレーダーがネットショートであることから、米ドル/円は上昇し続ける可能性があることを示唆している。しかし、ロングポジションは昨日より 12.45% 増加し、先週より6.2% 減少している。全体として、最近のポジション状況の変化から、見通しはまちまちと言える。

日足チャート

日足チャートでは、米ドル/円は1998年の高値を上抜け、前回は1990年代前半に見られた水準まで上昇している。この上昇トレンドにより、価格はフィボナッチ・エクステンション61.8%の水準149.93に到達している。この水準を確実に上抜けた場合、上昇トレンドは続き、78.6%の水準152.54が視野に入ってくる可能性がある。下落に転じた場合でも、恐らく20日単純移動平均線(SMA)がサポートとなり、再び上昇に転じそうである。

USD/JPYのトレード方法
USD/JPYのトレード方法
推薦者: Daniel Dubrovsky
USD/JPYのトレード方法
ガイドを入手

資料:Trading View

豪ドル/円 :センチメント見通し - 強気

IGクライアントセンチメント(IGCS)によると、豪ドル/円トレーダーの約39%がネットロング(豪ドルを買い持ち)にしている。ほとんどのトレーダーがネットショートであることから、豪ドル/円は上昇し続ける可能性があることを示唆している。これは、ショートポジションが昨日と先週に比べ、それぞれ7.21%と10.95%増加したことからもわかる。現在のセンチメントと最近のポジション状況の変化を鑑みると、豪ドル/円は強気の逆張り取引バイアスがさらに強まっている。

日足チャート

豪ドル/円は、9月を始点とする短期の下降トレンドラインを上抜け、9月の高値まで上昇する可能性が出てきた。重要なレジスタンスは、50日SMAとフィボナッチ・リトレースメント38.2%の水準94.342のままである。この2つのレジスタンスの上抜けが確認されれば、上昇トレンドが再開される可能性が高い。下落局面では、90.526-91.425のレンジが重要なサポートとなる。

IGクライアントセンチメントを使用してトレードする方法
IGクライアントセンチメントを使用してトレードする方法
推薦者: Daniel Dubrovsky
IGクライアントセンチメントを活用してトレードを改善
ガイドを入手

資料:Trading View

* IGクライアントセンチメントチャートとポジショニングデータは2022年10月19日付レポートより引用

--- DailyFX.com ストラテジスト ダニエル・ドゥブロスキー著

ドゥブロスキー氏に連絡するには、Twitter で @ddubrovskyFX までお願いいたします。

DailyFX はグローバルなFXマーケットに影響を与えるトレンドのテクニカル分析とニュースを提供します。