メイン コンテンツへスキップ

本ウェブサイトは、お客様に最高のブラウジング体験をしていただくためにさまざまなクッキー(Cookies)を使用しています。本ウェブサイトを引き続き利用されることにより、クッキー(Cookies)の利用に同意したものとみなされます。
クッキー(Cookies)ポリシーの詳細については、こちらまたはサイト下部にあるリンクをご確認ください。最新のプライバシーポリシーはこちらをご覧ください。

0

通知

下記の通知は、経済指標およびウェビナーカレンダーページで調整できるフィルタに基づいています。

ライブウェビナー

ライブウェビナーイベント

0

経済指標カレンダー

経済指標カレンダー・イベント

0
無料トレードガイド
購読する
Please try again
詳細 もっと見る
ユーロドル 目先は3つのレジスタンスポイントが焦点に

ユーロドル 目先は3つのレジスタンスポイントが焦点に

Junichi Ishikawa, IG証券マーケットアナリスト

ユーロドル 目先は3つのレジスタンスポイントが焦点に

【サマリー】

  • 米金利は高止まりしているが、ユーロドルは反発基調を維持している
  • 現在の地合いの強さを考えるならば、目先はもう一段のユーロ高を想定しておきたい
  • ユーロドルが上値トライとなる場合、注目のチャートポイントが3つある
  • ユーロドルが反落する場合は短期サポートラインの維持が焦点となろう
ユーロ相場見通し
ユーロ相場見通し
推薦者: Junichi Ishikawa
ユーロ相場の予想を無料で入手!
ガイドを入手

・50日線と0.99の突破が焦点に

先月28日以降、ユーロドル(EURUSD)は反発基調を維持している。米金利が高止まりする中でユーロドルが反発基調を維持しているということは、それだけ地合いが強いということである。

今の反発地合いがさらに強まるかどうか?

この点を考える上で重要な焦点が、一つ目のレジタンス「50日線(MA/0.9891レベル)」と二つ目のレジタンス「0.99レベル」の突破である。

今年6月からユーロドルの下落トレンドが再び加速している。その最中、50日線で何度も相場の戻りが止められた経緯がある。昨日そして今日の東京時間も50日線を意識する展開が続いている。

さらに現在は、0.99レベルがサポートからレジスタンスのポイントへ転換するかどうか?の分岐点にある。

この状況でユーロドルの買いを考えるならば、50日線と0.99のブレイクを確認することが必要である。

ユーロドルのチャート

チャート:Trading View 日足(今年6月以降)

EUR/USD 混合
データ提供:
の顧客はネットロングです。 の顧客はネットショートです。
変動 ロング ショート 建玉
日次 -9% 9% 1%
週次 6% 6% 6%
IGクライアントセンチメント:ユーロドル
ガイドを入手

冒頭で述べたとおり、米金利が高止まりしてもユーロドルは反発基調を維持している。

また、今週の欧州中央銀行(ECB)理事会で0.75ポイント利上げの可能性が意識されているタイミングで、米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)が11月の米連邦公開市場委員会(FOMC)で、12月会合での利上げペース減速が政策議題になると報じた。米金利が高止まりしてもドルインデックス(DXY)の上昇幅が限定的である要因のひとつに、WSJの報道が関係していると考えらえる。

そして、ユーロドルの予想変動率(1週間/1ヶ月)がともに12%前後で高止まりしていることも考えるならば、目先のユーロドルは0.99レベル(50日線)の突破ともう一段の上昇幅(ユーロ高)の拡大を想定しておきたい。

ユーロドルの予想変動率

データ::Bloomberg L.P. 日足(年初来)

※1W:1週間 / 1M:1ヶ月

テクニカル分析入門

テクニカル分析について

FXで勝つためにテクニカル分析を学ぼう!

コースを始める

・3つ目のレジスタンスとユーロ買いを仕掛けるタイミング

もう一段のユーロ買いにより、上で述べた2つのレジスタンスの突破に成功する場合、次の焦点は3つ目のレジタンス「短期レジスタンスライン」の攻防となろう。

このラインは今週0.9960レベル→0.9930レベルで推移する。今年の6月27日を起点としたこのラインで、相場の戻りが2度止められている。

ゆえに、0.99以上で「ユーロ買い/米ドル売り」を仕掛ける場合は、いつでもポジションを清算することを心掛けたい。

一方、レジスタンスラインの突破が確認される場合は、再び短期の「ユーロ買い/米ドル売り」を考えたい。このケースでは、パリティ水準(1.0)のトライが次の焦点となろう。

ユーロドルのチャート

チャート:Trading View 日足(今年6月以降)

・反落局面で注目しておきたいチャートポイントは?

上で述べた各レジスタンスの突破に失敗しユーロドル(EURUSD)が反落する場合は、短期サポートラインの維持が焦点となろう。このラインは今週、0.9725レベル→0.9750レベルで推移する。

このラインをトライするシグナルとしてフィボナッチ・リトレースメントの攻防に注目したい。

昨日の動きを参考にするならば、38.2%と半値戻しの水準がサポートポイントとして意識される可能性がある。0.9860のブレイクが確認される場合は、上2つのリトレースメントの水準までの反落を想定し、短期の「ユーロ売り/米ドル買い」を考えたい。

ユーロドルの0.98ブレイクが確認される場合は、再び短期の「ユーロ売り/米ドル買い」を考えたい。

なお、今週28日に短期レジスタンスラインは76.4%戻しの水準0.9750レベルまで上昇する。

ユーロドルのチャート

チャート:Trading View 1時間足(24日以降)

DailyFX はグローバルなFXマーケットに影響を与えるトレンドのテクニカル分析とニュースを提供します。