メイン コンテンツへスキップ

本ウェブサイトは、お客様に最高のブラウジング体験をしていただくためにさまざまなクッキー(Cookies)を使用しています。本ウェブサイトを引き続き利用されることにより、クッキー(Cookies)の利用に同意したものとみなされます。
クッキー(Cookies)ポリシーの詳細については、こちらまたはサイト下部にあるリンクをご確認ください。最新のプライバシーポリシーはこちらをご覧ください。

0

通知

下記の通知は、経済指標およびウェビナーカレンダーページで調整できるフィルタに基づいています。

ライブウェビナー

ライブウェビナーイベント

0

経済指標カレンダー

経済指標カレンダー・イベント

0
無料トレードガイド
購読
Please try again
EUR/USD
弱気
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
原油 – 米国原油
強気
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
ウォール街
混合
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
混合
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
GBP/USD
弱気
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
USD/JPY
混合
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
詳細 もっと見る
FXテクニカル分析:ポンド円(GBPJPY)

FXテクニカル分析:ポンド円(GBPJPY)

Junichi Ishikawa, IG証券マーケットアナリスト

FXテクニカル分析:ポンド円(GBPJPY)

・ポンドドルに引きずられるポンド円

ポンド円GBPJPY)は現在、162.00レベルでサポートされる状況が続いている。

6月9日を境にしてポンド円の上昇トレンドが止まり、円高へ振れる展開が見られる。

これ以降のドル円USDJPY)そしてポンドドルGBPUSD)の相関関係を確認すると、ポンドドルとの相関係数(0.57)がドル円のそれ(0.42)よりも高いことがわかる。

ドル円の上昇トレンドはポンド円のサポート要因ではある。しかし、ポンドドルが下値をトライする状況にあることを考えるならば、ポンド円も下値トライを意識すべき局面にある。

ポンド円、ドル円、ポンドドルの相関係数

基準日:2022年6月8日 / 相関係数は対数差分で計算 / データ数:24

GBP/JPY 混合
データ提供:
の顧客はネットロングです。 の顧客はネットショートです。
変動 ロング ショート 建玉
日次 -4% -7% -6%
週次 2% 3% 3%
IGクライアントセンチメント:ポンド円
ガイドを入手

・目先の焦点は160円台の維持

ポンド円(GBPJPY)が162.00を完全に下方ブレイクする場合、テクニカルと直近の値動きから160円台の維持が重要テーマとして浮上しよう。

6月と7月に一度ずつ、フィボナッチ・プロジェクション61.8%の水準160.80レベルをトライする局面が見られた。いずれも長い下ヒゲが示現し急反発している。節目の160.00レベルの方が強く意識されたとも言える。

だが、今年3月8日の安値150.98レベルを基点とした短期サポートラインが、これから160.00レベルとプロジェクション61.8%の間で推移することを考えるならば、160.00-160.80をサポートゾーンとして想定しておきたい。

・短期サポートラインを下方ブレイクする場合は

ポンドドルの下落幅拡大に連動してポンド円が短期サポートラインをも下方ブレイクする場合は、重要なチャートポイント(レジスタンス/サポート)として意識される局面が見られる158.00レベルを視野に下落幅の拡大を警戒したい。

ポンド円のチャート

TradingView 日足(今年2月以降)

GBP/USD 弱気
データ提供:
の顧客はネットロングです。 の顧客はネットショートです。
変動 ロング ショート 建玉
日次 10% -16% 3%
週次 30% -27% 11%
IGクライアントセンチメント:ポンドドル
ガイドを入手

・2つの移動平均線と短期レジスタンスラインの攻防

一方、ドル円の上値トライやポンドドルの反発局面に連動してポンド円(GBPJPY)が上値トライとなる場合は、2つの移動平均線の攻防に注目したい。

ひとつは、10日MAである。7月に入るとこの移動平均線は、レジスタンスラインとして相場の戻りを抑制している。

もうひとつは、21日EMAである。10日MAと同じく、この移動平均線も相場の戻りを何度か止めた経緯があるが、現在は短期レジスタンスライン付近で推移している。この状況を重視し、21日EMAを重要なテクニカル指標と捉えておきたい。

テクニカル分析入門

サポートとレジスタンス

サポートとレジスタンスについて学ぼう!

コースを始める

・165.00のトライ

ポンド円が短期レジスタンスラインの突破に成功する場合は、フィボナッチ・プロジェクション38.2%の水準165.00レベルが次のターゲットとして浮上しよう。

6月以降、165.00前後はチャートポイント(レジスタンス / サポート)として意識される局面が見られる。現在は、レジスタンスポイントの候補として意識しておきたい。

なお、6月中旬から発生した反発相場は、プロジェクション61.8%(168.11レベル)の手前で止められた。この経緯を考えるならば、現在のポンド円のチャートポイントを予測する上で、フィボナッチ・プロジェクションは説明力の高いテクニカル指標の一つと言える。

ポンド円のチャート

TradingView 日足(今年5月以降)

DailyFX はグローバルなFXマーケットに影響を与えるトレンドのテクニカル分析とニュースを提供します。