本ウェブサイトは、お客様に最高のブラウジング体験をしていただくためにさまざまなクッキー(Cookies)を使用しています。本ウェブサイトを引き続き利用されることにより、クッキー(Cookies)の利用に同意したものとみなされます。
クッキー(Cookies)ポリシーの詳細については、こちらまたはサイト下部にあるリンクをご確認ください。最新のプライバシーポリシーはこちらをご覧ください。

0

通知

下記の通知は、経済指標およびウェビナーカレンダーページで調整できるフィルタに基づいています。

ライブウェビナー

ライブウェビナーイベント

0

経済指標カレンダー

経済指標カレンダー・イベント

0
無料トレードガイド
購読
Please try again
EUR/USD
混合
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
USD/JPY
混合
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
詳細 もっと見る
FXテクニカル分析:ユーロドル(EURUSD)

FXテクニカル分析:ユーロドル(EURUSD)

Junichi Ishikawa, IG証券マーケットアナリスト

FXテクニカル分析:ユーロドル(EURUSD)

・短期レジスタンスラインと1.08レベル

再び下落トレンドが鮮明となってきたユーロドル。現在は、1.05レベルを基点とした短期レジスタンスラインの説明力が増している。そのきっかけとなったのは、1.08レベルがレジスタンスポイントとして意識されたことだった。正確には1.0780レベルがサポートポイントからレジスタンスポイントへ転換した。これら一連の動向を考えるならば、ユーロドルが反発のトレンドへ回帰したと判断するためには、短期レジスタンスラインだけでなく、1.0780-1.08のレジスタンスゾーン突破の確認が条件となろう。

ユーロドルのチャート

TradingVeiw 日足(年初来)

EUR/USD 混合
データ提供:
の顧客はネットロングです。 の顧客はネットショートです。
変動 ロング ショート 建玉
日次 7% -10% 0%
週次 -2% 3% -1%
クライアントセンチメント:ユーロドル
ガイドを入手

・今週、注目すべき上下のチャートポイントは?

先週10日の市場では、21日移動平均線(SMA)でユーロドルの戻りが止められた。そしてMACDではデッドクロスが示現している。上で述べた短期レジスタンスラインとレジスタンスゾーンでの動き(反落および下落幅の拡大)も考えるならば、今週のユーロドルは1.04の攻防を予想する。

1.04台の攻防で注目すべきポイントは、直近高安のフィボナッチ・リトレースメント76.4%の水準1.0452レベルのトライ&ブレイクである。この水準は、5月18~19日にかけて相場をサポートした経緯がある。

・1.04ミドルのブレイクならば

ユーロドルが1.04ミドルを下方ブレイクする場合は、RSIの水準を確認したい。3月以降のトレンドパターンを重視するならば、「売られ過ぎ」の水準30を下回る水準では短期的な買戻しー 例えば21日線までの反発を想定しておきたい。

しかしMA(RSIチャートの赤ライン)の上方ブレイクを確認できない状況が続く限り、ユーロドルの下落トレンド継続と今年最安値1.0348レベル(5月13日安値)のトライを意識する状況になることを警戒しておきたい。

ユーロドルのチャート

TradingVeiw 日足(今年3月以降)

テクニカル分析入門

フィボナッチ

フィボナッチについて学ぼう

コースを始める

DailyFX はグローバルなFXマーケットに影響を与えるトレンドのテクニカル分析とニュースを提供します。