メイン コンテンツへスキップ

本ウェブサイトは、お客様に最高のブラウジング体験をしていただくためにさまざまなクッキー(Cookies)を使用しています。本ウェブサイトを引き続き利用されることにより、クッキー(Cookies)の利用に同意したものとみなされます。
クッキー(Cookies)ポリシーの詳細については、こちらまたはサイト下部にあるリンクをご確認ください。最新のプライバシーポリシーはこちらをご覧ください。

0

通知

下記の通知は、経済指標およびウェビナーカレンダーページで調整できるフィルタに基づいています。

ライブウェビナー

ライブウェビナーイベント

0

経済指標カレンダー

経済指標カレンダー・イベント

0
無料トレードガイド
購読
Please try again
原油 – 米国原油
強気
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
ウォール街
強気
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
GBP/USD
混合
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
USD/JPY
混合
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
詳細 もっと見る
FXテクニカル分析:ユーロ円(EURJPY)

FXテクニカル分析:ユーロ円(EURJPY)

Junichi Ishikawa, IG証券マーケットアナリスト

FXテクニカル分析:ユーロ円(EURJPY)

・144.00レベルのサポート転換

ドル円の底堅さとユーロドルの反発が同時に発生していることから、ユーロ円は143円台を回復している。

だが、ユーロ圏の景気後退リスクと米欧の金融引き締めペースの差を考えるならば、ユーロドルは戻り売りを警戒すべき局面が続いている。事実、昨日のユーロドルは高値1.0614レベルまで上昇するも、あっけなく1.05台へと反落している(ユーロドルの分析記事を参照)。よって、ユーロ円が今の反発基調を維持できるかどうか?は、ドル円のトレンドに左右されよう。

EUR/USD 混合
データ提供:
の顧客はネットロングです。 の顧客はネットショートです。
変動 ロング ショート 建玉
日次 -1% 5% 2%
週次 3% -5% 0%
IGクライアントセンチメント:ユーロドル
ガイドを入手

USD/JPY 混合
データ提供:
の顧客はネットロングです。 の顧客はネットショートです。
変動 ロング ショート 建玉
日次 5% 4% 4%
週次 -10% 11% 2%
IGクライアントセンチメント:ドル円
ガイドを入手

ドル円が上昇トレンドを維持する場合、目先のユーロ円の焦点は144.00レベルのトライ&ブレイクである。しかし、単にこの水準をブレイクするだけでは、新たなレンジの攻防となる可能性は低い。この事は、6月の相場が示している。

では、144.00レベルの攻防で真に注目すべきこととは何か?それは、ユーロドルと同じく重要レジスタンスポイントのサポート転換である。

これが確認される場合は、145円台へ向けてユーロ円の上昇幅が拡大する展開を想定したい。フィボナッチ・プロジェクション61.8%の水準は、ちょうど145.00レベルにあたる。

ユーロ円のチャート

TradingVeiw 日足(今年5月以降)

・21日線と23.6%戻し

DMIでは、未だ売りのシグナルは点灯していない。しかし、5月下旬から6月上旬と比べてADXは低下基調にあり上昇の勢いが衰えていることを示唆している。

ドル円が大きく崩れない限りユーロ円が急落するリスクは低い。だが、ADXの動きや144.00レベルが強固なレジスタンスポイントとして意識されていることを考えるならば、ユーロ円の反落リスクを常に意識しておきたい。

EUR/JPY 強気
データ提供:
の顧客はネットロングです。 の顧客はネットショートです。
変動 ロング ショート 建玉
日次 5% 20% 14%
週次 -7% 27% 13%
IGクライアントセンチメント:ユーロ円
ガイドを入手

ユーロ円の反落局面では、2つのテクニカル指標での攻防に注目したい。ひとつは、21日移動平均線(SMA)、もうひとつはフィボナッチ・リトレースメント23.6%の水準である。

これらテクニカルは6月20日以降、相場をサポートしている。23日に大陰線が示現した時も相場をサポートした事実は、重要なテクニカル指標として21日線と23.6%戻しが市場参加者に注目されていることを示唆している。

昨日、21日線は相場をサポートした。そして今日現在、142.20台で推移している。ユーロ円が反落する局面では、サポートラインとして注目しておきたい。

一方、23.6%戻しは、レジスタンスからサポートのポイントへ転換しつつある。21日線以上に相場をサポートする可能性があろう。

ユーロ円のチャート

TradingVeiw 日足(5月以降)

テクニカル分析入門

フィボナッチ

フィボナッチを学ぼう!

コースを始める

DailyFX はグローバルなFXマーケットに影響を与えるトレンドのテクニカル分析とニュースを提供します。