メイン コンテンツへスキップ
無料トレードガイド
購読する
Please try again
Select

ライブウェビナーイベント

0

経済指標カレンダー・イベント

0

通知を受け取る

ライブウェビナーイベント
経済指標カレンダー・イベント

もっと見る もっと見る
ユーロ週間見通し:週初は重要なサポートで下げ一服、対ドルで上昇に転じる?

ユーロ週間見通し:週初は重要なサポートで下げ一服、対ドルで上昇に転じる?

※2023年7月31日11時44分更新

ユーロ、ユーロ/ドル、RSIダイバージェンス、上昇中のサポートライン - テクニカル分析アップデート

  • ユーロ/ドルの短期下落トレンドは、右肩上がりのサポートラインで一服
  • 4時間足チャートのRSIダイバージェンスは、下落の勢い低下を示唆
  • 今週、注目すべき重要な水準とは?
ユーロ相場見通し【無料】
ユーロ相場見通し【無料】
推薦者: Daniel Dubrovsky
ユーロ相場見通し【無料】
ガイドを入手

ユーロ相場は先週、対ドルで下落した。とはいえ、長期的には引き続き、上値余地が残されている。下図の日足チャートを見ると、ユーロ/ドルは6月末から続く目先の上昇サポートラインまで下落しているためだ。価格は先週、同ラインを固持し、上昇バイアスは維持されている。このサポートから反発すると、フィボナッチ・エクステンション38.2%の水準1.1231を上回れるかどうかが次の焦点となる。

このフィボナッチポイントを上抜けると、2022年2月の高値が意識され、1.1453-1.1495がレジスタンスゾーンとなろう。一方、下降に転じた場合は、次の重要なサポート水準は7月6日の安値1.0834となりそうだ。その下には4月の安値1.0635が控えている。4時間足チャートで詳しく目先の値動きを見てみよう。

資料:TradingView

4時間足チャートでは、ユーロは6月を始点とする上昇サポートラインから反発する直前、RSI(相対力指数)では強気のダイバージェンスが発生している。これは、下落の勢いが弱まる兆候であり、価格は上昇に転じる可能性がある。ここから短期的に上昇に転じた場合、7月の高値からの下降トレンドラインを突破できるかが注目される。

このトレンドラインを上抜けると、フィボナッチ・リトレースメント14.6%のマイナーな水準1.1182が意識され、その後は1.12758が視野に入る。上昇中のサポートラインのすぐ下には、1.0954の中間点がある。この中間点を割り込むと、1.0833-1.0859のサポートゾーンが露呈する。このゾーンは7月初旬に付けた安値で構成されている。ここからさらに下方向に進むと、5月の安値1.0635まで下落する可能性がある。

資料:TradingView

ブレイクアウトトレーディングの基礎
ブレイクアウトトレーディングの基礎
推薦者: Daniel Dubrovsky
ブレイクアウトトレーディングの基礎
ガイドを入手

--- DailyFX.com シニアストラテジスト ダニエル・ドゥブロスキー著

ドゥブロスキー氏に連絡するには、Twitter で @ddubrovskyFX までお願いいたします。

DailyFX はグローバルなFXマーケットに影響を与えるトレンドのテクニカル分析とニュースを提供します。