メイン コンテンツへスキップ

本ウェブサイトは、お客様に最高のブラウジング体験をしていただくためにさまざまなクッキー(Cookies)を使用しています。本ウェブサイトを引き続き利用されることにより、クッキー(Cookies)の利用に同意したものとみなされます。
クッキー(Cookies)ポリシーの詳細については、こちらまたはサイト下部にあるリンクをご確認ください。最新のプライバシーポリシーはこちらをご覧ください。

0

通知

下記の通知は、経済指標およびウェビナーカレンダーページで調整できるフィルタに基づいています。

ライブウェビナー

ライブウェビナーイベント

0

経済指標カレンダー

経済指標カレンダー・イベント

0
無料トレードガイド
購読
Please try again
EUR/USD
混合
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
原油 – 米国原油
混合
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
ウォール街
混合
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
強気
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
GBP/USD
混合
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
USD/JPY
混合
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
詳細 もっと見る
ユーロの見通し:EUR/USD、EUR/GBPは弱含み継続、個人トレーダーは買い持ち維持

ユーロの見通し:EUR/USD、EUR/GBPは弱含み継続、個人トレーダーは買い持ち維持

Daniel Dubrovsky, ストラテジスト

ユーロ, EUR/USD, EUR/GBP, テクニカル分析, 個人トレーダーのポジショニング - 今週のセンチメント

  • 個人トレーダーは、ほとんどの通貨ペアでユーロに強気な姿勢を維持
  • 逆張りの観点からすると、これはあまり良い兆候ではないかもしれない
  • EUR/USDEUR/GBP の今後の行方は?
IGクライアントセンチメントを使用してトレードする方法
IGクライアントセンチメントを使用してトレードする方法
推薦者: Daniel Dubrovsky
IGクライアントセンチメントを活用してトレードを改善
ガイドを入手

個人トレーダーは、ユーロ相場は弱含みが続いているにもかかわらず、特定の通貨に対してユーロの買い持ちを継続している。これは、逆張り指標として機能する傾向のあるIGクライアントセンティメント(IGCS)で検証が可能である。このことを踏まえて考えると、このようなポジショニングの傾向が続くと、ユーロは下落リスクにさらされるのだろうか。

EUR/USD センチメント見通し - 弱気

IGCSの指標によると、個人トレーダーの約68%がEUR/USDを買い持ち(ネットロング)している。大多数のトレーダーが強気であるため、ユーロは米ドルに対して、引き続き下落する可能性がある。さらに、買い持ち高は昨日と先週に比べ、それぞれ4.59%、15.39%の増加となっている。全体的なポジショニングと最近のセンチメントの変化は、弱気の逆張りスタンスが増えていることを示している。

日足チャート

EUR/USDは、過去数回の取引時間帯に下落し、重要なサポートである1.0340 - 1.0388に接近している。後者のサポートは、2017年の安値と5月の安値で形成されている。この支持線を割り込むと、フィボナッチエクステンションの中間値1.0214と61.8%の1.0079が射程圏内に入り、下落幅拡大の可能性が出てくる。EUR/USDを下落に導いているのは、2月からの下降トレンドラインである。反発した場合は、トレーダーは下値の目処となる可能性があるこのラインを注視されたい。

Daily Chart

資料:Trading View

EUR/GBP センチメント見通し - 弱気

IGCSの指標によると、個人トレーダーの約58%がEUR/GBPを買い持ち(ネットロング)していることが明らかになった。大半のトレーダーがロングであることは、ユーロの下落が続く可能性を示唆している。売り持ちは、昨日と先週に比べ、それぞれ10.13%、4.05%の減少となった。これらを考慮すると、ユーロは英ポンドに対して、依然として下落する可能性があることがうかがえる。

EUR/GBP 日足チャート

下記の日足チャートを見ると、EUR/GBPは、0.8589 - 0.8619のレジスタンスゾーンを突破できず、上値が重い。しかし、今年初めに底値を付けてからは上昇トレンドにある。上昇を導いているのは、4月からの上昇トレンドラインである。このサポートラインを割り込むと、下落幅が拡大する可能性がある。この場合、反転のきっかけとなる可能性がある50日および100日の単純移動平均線を注視されたい。さらに上昇すると、0.8701-0.8731の上値を再び試す展開となろう。

EUR/GBP Daily Chart

資料:Trading View

※IGクライアントセンチメントのチャートとポジショニングのデータは、6月29日付のレポートから引用しています。

--- DailyFX.com ストラテジスト ダニエル・ドゥブロスキー著

ドゥブロスキー氏に連絡するには、下のコメント欄を使用するか、Twitter で@ddubrovskyFXまでお願いいたします。

DailyFX はグローバルなFXマーケットに影響を与えるトレンドのテクニカル分析とニュースを提供します。