メイン コンテンツへスキップ
無料トレードガイド
購読する
Please try again
Select

ライブウェビナーイベント

0

経済指標カレンダー・イベント

0

通知を受け取る

ライブウェビナーイベント
経済指標カレンダー・イベント

もっと見る もっと見る
豪ドル、上げ一服も見通し維持。豪ドル/米ドル、豪ドル/円の行方は?

豪ドル、上げ一服も見通し維持。豪ドル/米ドル、豪ドル/円の行方は?

共有する:

このページの内容

豪ドル、豪ドル/米ドル、米ドル、豪ドル/円、円 - トーキングポイント

  • 13日の豪ドルは強含みの展開だった
  • 豪ドル/米ドルはレンジ内にあり、豪ドル/円は上昇してきている
  • トレンドが継続する場合、モメンタムが豪ドル/米ドルをさらに押し上げるか?
豪ドル/米ドルのトレード方法
豪ドル/米ドルのトレード方法
推薦者: Daniel McCarthy
豪ドル/米ドルのトレード方法
ガイドを入手

豪ドル/米ドルのテクニカル分析

今週の対米ドルでのオーストラリアドル相場は今のところ安定しており、上昇トレンドチャネル内にとどまっている。

豪ドル/米ドルは先週、2つの過去の安値を下回る場面があるなど、下値を模索する動きとなったが、軟調な展開は続かなかった。

価格は、長期260日単純移動平均線(SMA)をも下回ったが、このような展開が続かないということは、下落の動きがひとまず回避されたことを示唆しているのかもしれない。

このため、現在、短期上昇トレンドラインと55日SMAが重なる0.6855-0.6870のエリアに、潜在的なサポートゾーンが形成されている。

さらに下降すると、現在、心理的水準である0.6800付近に位置している200日SMAがサポートとなる可能性がある。

その下には、0.6750に位置する長期上昇トレンドライン、過去の安値0.6722と0.6688がサポートとして控えている。100日SMAはこれらの価格帯に位置しており、これもサポートとなりそうである。

上値では、0.6984、0.7011、0.7137、0.7158のブレイクポイントと過去の高値がレジスタンスとなるかもしれない。0.7158は、上昇トレンドチャネルの上辺をブレイクできなかった12カ月ぶりの高値である。現在0.7240に位置するこの上辺は引き続き、レジスタンスとなる可能性がある。

モメンタムを見ると、SMAは若干強気に傾いた横ばいの値動きを示している。価格は中長期の55日、100日、200日、260日SMAを上回っている一方、短期の10日、21日SMAは下回って推移している。

豪ドル/米ドル 日足チャート

image1.png

資料:TradingView

トレードに役立つメール配信サービス

DailyFXからタイムリーで国内外のマーケット情報を受け取ることができます。

登録する

豪ドル/円のテクニカル分析

豪ドル/円は、下降トレンドラインを上抜け、13日は2週間ぶりの高値を更新した。

このままトレンドラインを上回る水準にとどまれば、弱気の勢いが弱まり、反転の可能性もあり得る。

また、一目均衡表の雲を再び上抜けたことも、強気な展開を示唆している。

価格が先行スパン1(短期の動きを表示)を下回ると、強気の継続が疑問視される可能性がある。

レジスタンスの候補としては、過去の高値92.82、93.36、94.13、94.65がある。

下降局面では、過去の安値90.23、88.12、87.41、87.30、87.03がサポートとなる可能性がある。現在88.60にある上昇トレンドラインもサポートとして機能するかもしれない。

豪ドル/円 日足チャート

image2.png

資料:TradingView

--- DailyFX.com ストラテジスト ダニエル・マッカーシー著

マッカーシー氏に連絡するには、Twitter で @DanMcCathyFX までお願いいたします。

DailyFX はグローバルなFXマーケットに影響を与えるトレンドのテクニカル分析とニュースを提供します。