メイン コンテンツへスキップ

本ウェブサイトは、お客様に最高のブラウジング体験をしていただくためにさまざまなクッキー(Cookies)を使用しています。本ウェブサイトを引き続き利用されることにより、クッキー(Cookies)の利用に同意したものとみなされます。
クッキー(Cookies)ポリシーの詳細については、こちらまたはサイト下部にあるリンクをご確認ください。最新のプライバシーポリシーはこちらをご覧ください。

無料トレードガイド
購読する
Please try again
Select

ライブウェビナーイベント

0

経済指標カレンダー・イベント

0

通知を受け取る

ライブウェビナーイベント
経済指標カレンダー・イベント

EUR/USD
強気
時計のアイコン 10時間
最終更新: Sep 22, 2023
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
原油 – 米国原油
弱気
時計のアイコン 10時間
最終更新: Sep 22, 2023
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
GBP/USD
弱気
時計のアイコン 10時間
最終更新: Sep 22, 2023
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
もっと見る もっと見る
豪ドル見通し:中国の逆襲は?

豪ドル見通し:中国の逆襲は?

Tetsuya Kimata, CFA, ストラテジスト

共有する:

このページの内容

オーストラリアと経済的に結びつきの強い中国で貿易統計が発表された。中国景気の低迷が続いているが、豪ドルの個人トレーダーセンチメントは?そして、豪ドルの対円、対ドルでの見通しとは。

豪ドル相場見通し
豪ドル相場見通し
推薦者: Tetsuya Kimata, CFA
AUD見通しを無料で入手
ガイドを入手

サマリー

  • 中国貿易統計
  • ドル円、豪ドル/米ドルの個人トレーダーセンチメント
  • 豪ドルの対ドル、対円での見通し

中国貿易収支

オーストラリアと経済的に結びつきの強い中国で8月貿易統計が発表された。貿易収支は683.6億ドルの黒字となり、事前の市場予想を739億ドルの黒字を下回った。しかしながら、輸入は前年と比べて7.3%減と、事前予想と比べて小幅なマイナスにとどまった。貿易収支の黒字幅が縮小したものの、輸入が予想よりも強かったことが要因であり、事前の想定よりも底堅い結果であった。

 

しかしながら、輸出・輸入ともに依然として前年と比べて大きくマイナスであり、中国景気が低迷していることを改めて示した。

A screenshot of a computer  Description automatically generated

資料:DailyFX.com経済指標カレンダー

 

中国政府・当局は、低迷する経済を回復させるべく、中央銀行による利下げや当局による不動産刺激策、株式市場活性化策などを導入したものの、景気低迷を脱するに至っていない。特に、不動産市場に対する懸念が強く、中国の景気回復のためには不動産市場を中心とした大規模な景気刺激策が必要であろう。

 

大規模な景気刺激策が実施されるまでは、中国景気の低迷は継続することが見込まれる。そのため、オーストラリアは主要産品である鉄鉱石を中国に多く輸入しているが、中国景気の回復に伴う鉄鉱石需要、そして豪ドル高は当面見込みづらい。しかしながら、中国景気の低迷は既に為替市場で織り込まれており、中国景気の低迷による豪ドル安圧力も限定的と見込む。

 

豪ドル円の個人トレーダーセンチメント

IG顧客センチメント(IGCS)によると、豪ドル円を取引する個人トレーダーの約47.3%がネットロング(豪ドルを買い持ち・円を売り持ち、豪ドルに強気)にしている。半分以上の持ち高はネットショート(豪ドルに弱気・円に強気)に傾いているため、IGCSは、逆張り指標として機能する傾向があることから、豪ドル円は上昇(豪ドル高円安)する可能性を示唆している。

 

しかしながら、昨日と比べてネットショートのトレーダーの割合が増えている一方、先週と比べると減少しており、まちまちである。このことを考えると、個人トレーダーセンチメントは豪ドル円に対して中立である。

IGCS:AUD/JPY

IGクライアントセンチメントを使用してトレードする方法
IGクライアントセンチメントを使用してトレードする方法
推薦者: Tetsuya Kimata, CFA
IGクライアントセンチメントを活用してトレードを改善
ガイドを入手
AUD/JPY クライアントのポジション動向

資料:IG顧客センチメント(IGCS)

 

豪ドル円の見通し

個人トレーダーセンチメントは中立であるものの、6月19日を起点とした下向きのレジスタンスラインを上方ブレイクし、豪ドル円は下落トレンド(豪ドル安円高)から転換している。

 

豪ドル円は3月から6月のAUDJPYの値動きに基づいたフィボナッチリトレースメント23.6%水準94.853円が次のレジスタンスとして機能しており、更に上方ブレイクすると、豪ドル円の上昇トレンドへの転換が鮮明になることを見込む。その場合、7月31日高値95.828レベルへの豪ドル円の上昇が視野に入る。

 

一方、中国景気の低迷による豪ドル安圧力は限定的と見込んでいるものの、中国不動産企業のデフォルトなどの報道で、リスクオフの流れが強まり、豪ドル安が進む可能性がある。

 

また、豪ドル円はドル円の影響を強く受ける。ドル円は円安進行を受け、為替介入への警戒感が高まっている。一段とドル高円安が急激に進行した場合、ドル高円安につられて豪ドル円も一時的に上昇することを見込む。しかしながら、その後、為替介入の警戒感が一段と強まり、ドル安円高を伴いながら豪ドル安円高が進行する可能性がある。

 

豪ドル円が下落した場合、6月19日を起点とした下向きのレジスタンスライン(現在93.59レベル)がサポート転換しているかに注目。サポート転換していることが確認された場合、豪ドル円の地合いが強まりつつある(豪ドル高円安)ことを投資家に印象付けよう。

豪ドル円日足チャート

A screen shot of a graph  Description automatically generated

資料:Trading View

 

豪ドル/米ドルの個人トレーダーセンチメント

IG顧客センチメント(IGCS)によると、豪ドル/米ドルを取引する個人トレーダーの約83.1%がネットロング(豪ドルを買い持ち・米ドルを売り持ち、豪ドルに強気)にしている。ほとんどの持ち高はネットロング(豪ドルに強気・米ドルに弱気)に傾いているため、IGCSは、逆張り指標として機能する傾向があることから、AUDUSDは下落(豪ドル安米ドル高)する可能性を示唆している。

 

しかしながら、昨日と比べてネットロングのトレーダーの割合が減少している一方、先週と比べると増加しており、まちまちである。このことを考えると、個人トレーダーセンチメントは豪ドル/米ドルに対して中立である。

IGCS:AUD/USD

IGクライアントセンチメントを使用してトレードする方法
IGクライアントセンチメントを使用してトレードする方法
推薦者: Tetsuya Kimata, CFA
IGクライアントセンチメントを活用してトレードを改善
ガイドを入手
AUD/USD クライアントのポジション動向

資料:IG顧客センチメント(IGCS)

 

豪ドル/米ドルの見通し

豪ドル/米ドルの日足チャートで、サポートラインとして機能していた11月10日安値0.639レベルを下方ブレイクし、AUDUSDの下落圧力(豪ドル安米ドル高圧力)が一段と強まっている。RSIも50を下回り、豪ドルに対して弱気モメンタムであることを示している。

 

個人トレーダーのセンチメントは中立であるものの、20日のFOMCを控えてFRBの金融政策不透明感から米国金利が一段と上昇する可能性もあり、豪ドル/米ドルは、昨年11月3日安値0.627レベルへの豪ドル安米ドル高が視野に入る。

 

豪ドル/米ドルが上昇(豪ドル高米ドル安)する局面では、11月10日安値0.639レベルがレジスタンス転換しているかに注目。レジスタンス転換していることが確認された場合、豪ドルの地合いが弱いことを投資家に印象付けよう。

豪ドル/米ドル日足チャート

A screenshot of a graph  Description automatically generated

資料:Trading Viewより作成

ブレイクアウトトレーディングの基礎
ブレイクアウトトレーディングの基礎
推薦者: Tetsuya Kimata, CFA
ブレイクアウトトレーディングの基礎
ガイドを入手

新たなレポートの配信等はtwitterアカウント@DailyFXJapanで確認できます。

--- DailyFX.com ストラテジスト 木全哲也著

DailyFX はグローバルなFXマーケットに影響を与えるトレンドのテクニカル分析とニュースを提供します。